feb19.jp

Nobuhiro Takahashi
Designer / Engineer

Flash プロフェッショナル・スタイル CS3対応

Flash プロフェッショナル・スタイル CS3対応

Flash関連の本を久しぶりに買いました。CS3になってAS3になってFlashはどう変わるかというものも興味があったのですが、ウェブ広告物制作時におけるフローや豆知識など、今までのFlash本とは違うと感じ、買ってしまいました。

当方はFlashでウェブサイトを作る仕事をしています。デザイナーがIllustratorやPhotoshopで作成したデザインや、AfterEffectsで作成されたり実際に撮影されて作成された動画、ミュージシャンが作った音楽をFlashに落とし込んで、さらに自分でFlashならではのモーションによる「気持ちよさ」「ここちよさ」の表現を行います。そして一つのウェブサイトというパッケージにする「オーサリング」の仕事をしています。「プログラマー」ではありません。

オーサリングの仕事では、デザイナーと連携をとることが必須になるわけですが、デザイナーとの連携において、Flashの特性を理解しておいて、これこれこういうときにはこういうフォーマットでデータで作って貰わなければならない、ということを伝えなければなりません。例えばPNGの特性、ベクターグラフィックの特性、グラデーションの特性、Win/Macの特性、などなど。そういったことがこの本では分かりやすく記述されていて、ActionScript3.0目当てというよりもそちら目当てで買いました。ActionScript3.0なんてそんなにActionScript2.0と変わらないわけですし。

何故このswfは動作がモッサリしてるのか、何故モーションが気持ち悪いのか、何故ファイルサイズがこれほどまでに重いのか、何故メモリがこんなに圧迫されているのか、何故デザイナーの画面とオーサリング画面では表示が違うのか、これらを解決するヒントと答えがこの本には書かれています。Flashのプロとしてがんばっている方は必ず読まなければならない教科書的な本だと思います。

追記:Flashのアクセシビリティについてこれほどまでに細かく書かれている日本語の本は見たことがありません。Flashでのフォームアプリケーション開発をしている方なんかほんと、マストバイだと思います。

Amazon: プロフェッショナル・スタイル CS3対応

Tweet Share Bookmark

Navigation

prev: Flash RemotingとAMF
next: 爆発物とMacBook Pro 12インチ

Recently Entries