feb19.jp

Nobuhiro Takahashi
Designer / Engineer

MOLESKINE DIARY 2008 登場

MOLESKINE DIARY 2008 登場

世界一美しく、頑丈で、完成度の高い手帳、「MOLESKINE」。今日本屋さんに行ったらMOLESKINEの2008年ダイアリーが出てました。

とりあえずまだ買わずに(と言ってもすぐ売り切れるし早めに買わなきゃいけないんだけど)、どれを買うか悩み中。ポケットサイズのダイアリーウィークリーが候補なんだけど、ラージサイズのダイアリーっていうのも捨てがたい。

今自分はMOLESKINEを3つ使っていて、デザインとか、いろんなネタ思いついたときに色々書き込む「プレーン」(無地)ポケットサイズと、自分は趣味で作曲をやっているのでメロディーや和音を思いついたときにスケッチする用の「ミュージックノート」(五線譜)ポケットサイズと、某ウェブプランニング会社の方とお仕事をしたときにいただいた「ルールド 縦長」(ジャーナリスト用横罫)ポケットサイズでその会社のロゴが入ってるやつ。これは会社で会議のメモ用とかに使わせていただいています。

そのうちプレーンは、一日一ページの勢いで書き込んでいたら先日ほぼ使い切ってしまったので、今後はダイアリーを一ページずつっていうのもアリだなぁと。ただ、ダイアリーはそのページ数(380ページ)の分、厚くてかさ張るんだよー。

一日を日記として残しておくって言うのは個人的に良い事だと思っています。昔書いた日記なんて恥ずかしくて基本的に読まないけど、それだけ書いてきたそれだけ生きてきたっていうしるしになるし、字を書くっていう事が減った自分にとって字を書く時間をとるのはきっといいことだし、一日を思い出して表現するわけだから毎日想像力と表現力を高める事ができる。日記を書くって言う行為は凄くクリエイティブなことなんだと思うのです。

と脱線してみましたが。勉強用としても使いたいし、勉強用として使うなら一日一ページの制限があるとなぁと思い出して、結局自分はダイアリーじゃなくて横罫「ルールド」ポケットを買おうかなと思い出してきた次第。ルールドに文字がびっしり書いてあったりするとなかなかカッコイイ。プレーンも捨てがたいけどね。ちなみにAmazonだと洋書扱いでお得に買えるので、Amazonで買おうかなと。

MOLESKINEの魅力は「ほぼ日手帳」ほど高機能でもないし、拡張性もないけど、シンプルで持ってると安心感があるっていう所にあると思うのです。そしてカバンにぽーんと放り込んで使っていても大丈夫っていう頑丈さ。その一冊一冊に愛着がわいてくる不思議な手帳です。MOLESKINEを使い切ったらその手帳は一生の宝物になることでしょう。

Tweet Share Bookmark

Navigation

prev: MicrosoftのSilverlightとWPF
next: Papervision3Dでマウスに反応するキューブを作る

Recently Entries