feb19.jp

Nobuhiro Takahashi
Designer / Engineer

AS3でTweenを使う

AS3でTweenを使う

Tweenerは便利なんだけど、他社や他者と共同作業とかする場合とか、Tweenを使っておいた方がいい場合がある。そんなときのためメモ。

サンプルコード。

import fl.transitions.*;
import fl.transitions.easing.*;
var tw = new Tween(mc, "x", Strong.easeOut, mc.x, mc.x+400, 3, true);
tw.start();
mc.buttonMode = true;
mc.addEventListener(MouseEvent.MOUSE_DOWN, onMouseDownHandler);
function onMouseDownHandler(e:MouseEvent){
	tw.yoyo();
}

トランジションズパッケージとイージングファンクションパッケージをインポート。

Tweenコンストラクタで作ったTweenインスタンスを.start()で実行。.yoyo()で逆再生。

その他のTweenプロパティやメソッドやイベント一覧はこちら。
Tween - ActionScript 3.0 コンポーネントリファレンスガイド

イージングファンクションはこっち。
fl.transitions.easing パッケージ - ActionScript 3.0 コンポーネントリファレンスガイド

Back, Bounce, Elastic, None, Regular, Strongの6つのクラスにそれぞれeaseOut, easeIn, easeInOut, easeNone(Noneクラス専用)があるということかな。

Tweet Share Bookmark

Navigation

prev: AS3でEventDispatcherを使う
next: hetemlがパワーアップした

Recently Entries