feb19.jp

Nobuhiro Takahashi
Designer / Engineer

MacBook Proを買いました。

MacBook Proを買いました。

yatta-------!!!

今年の2月に発売されたMacBook Pro 2.4GHz Intel Core 2 Duoモデルに、トイコムという所の通販にて9000円ぐらいで購入した4GB 667MHz DDR2 SDRAMメモリを取り付けて、HDDも250GBにして、今まで使っていたPowerBook G4と比べて鬼のようなスペックのラップトップにアップグレードであります。

今まで使っていたマシンではFlash CS3はまともに動かないし、Logic(作曲ソフト)も、比較的軽量なソフトシンセが12トラック前後でヒーヒー言っているので、ずーっとそろそろアップデートしたいなとおもっていたし、最近トラックパッドが壊れて、ダブルクリックできないという謎の現象に悩まされていたので、最低限修理は必要な状態だったのでした。

さらに最近ACアダプタの接触も悪くなってきて、液晶もかなり老体だし、メモリ2GB刺さってるのに1GB分しか認識してないし、たまにAirMacCardが動かなくなるし、こりゃもうあかん、というわけで、新品購入、25万円でございました。

いれたソフト。

Logic Studio
・Flash
・Photoshop
Unrar MacOSXでrarを解凍するためのツール。MacOSXでは、Windows的な階層(¥)が使えないので、Windowsで作られたrarを単純に解凍すると、「C:\Document and Setting\...\music.mp3」みたいなファイルができてしまうのを回避してくれる。
Coda 気に入っているテキストエディタ。WindowsではFlashDevelopを使っているけど、Macにはないので、ActionScript2.0のシンタックスをカラーリングしてたり、FTP機能も搭載してたり、特にHTMLやCSSを書くのに便利な機能が満載なので、これをつかっています。
Adobe AIR Runtime
Simple Youtube Viewer
SCPlugin SVNクライアント。Finderの右クリックメニューの「その他」の中に「Subversion」にな機能を追加してくれるので、これで色々(PapervisionとかTweenerとかの)フレームワークを使わせていただいたり。。。

これで、移行完了。。。と思いきや、作曲ソフト上で音をならすためにソフトウェアシンセサイザーというものを使うのだけど、愛用していたソフトウェアシンセサイザーの「PlugSound」というものがPowerPCバイナリ上でしか動かないようで、Intel CPUであるMacBook Proでは動かないということに。これは微妙だなぁ。。最近はあまり使ってなかったけどたまに使うといいからなぁ。。。せっかく買ったシンセサイザーだし、全音サンプリングして擬似的に使えるようにしようかなぁ。

とりあえず最近のMacBook Proには、MacBook Airから搭載されているトラックパッドのマルチタッチ機能がついていて、エラい快適です。ネットを見るのとか、「戻るボタン」の代わりにトラックパッドに三本指をおいて、左にスッとなぞれば「戻る」、反対方向になぞれば「進む」。快適ですなぁ。

そういえばそろそろWWDCですね。何が発表されるのかしら。わくわく。MacBook Proの新しいのが出たりして。そしたら泣いちゃうよ。

Tweet Share Bookmark

Navigation

prev: ActionScriptで極座標を用いて星を描く
next: AS2とAS3でSingletonクラスを作る

Recently Entries