feb19.jp

Nobuhiro Takahashi
Designer / Engineer

HP Photosmart C4380 複合機型プリンタを購入

HP Photosmart C4380 複合機型プリンタを購入

ひと世代前?になるのですが、安かったのでMacと無線でプリント/スキャンが可能な、HPの複合機プリンターを買いました。

EPSON、CANONも勿論検討したのですが、Macの対応が甘いというのと、ボディが「黒い」ので、家に黒い物体がドーンとあると重いなぁと思って「白い」HPにすることにしました。

ひと世代前ということあって、付属のドライバCD-ROMに入っているドライバではMac OSX 10.5 Leopardに対応していません。なので、公式サイトからダウンロードしてくる必要があります。

その位が注意すべき点で、インストールがすめば、あとは素敵に無線プリンタ/スキャン生活が送れます。

MacBook Proで使っているのですが、めちゃめちゃ快適です。無線って良いですよ。USB接続のときと、印刷速度もそんなに変わらないし。元々HPのプリンタは比較的印刷が速いってのもあるけど。

HP Photosmart C4380 All-in-One

HPのプリンタを選ぶときに気をつけなければいけない事というか、気になるであろうことが、「インク代が高い」ということ。

HPが販売するインクカートリッジって、ヘッド込みの値段、つまりヘッドが付いているから高いのです。

インクジェットプリンタって、あんまり使わない期間があると、ヘッドの詰まりが発生して印刷できなくなることがあります。これは一般的には修理依頼をして、1万前後とかの修理代が取られるのが大体な感じらしいです。(事実、昔使っていた僕のプリンターもヘッドの詰まりで印刷ができなくなっていて、修理見積もり出したときにこれぐらいでした)

でもHPのプリンタのヘッドは、自分で交換できる(インクカートリッジを変えるだけ)ので、頻繁に使わない自分にとってはこっちの方が良いかなとおもったのです。修理となるとまためんどくさいし。その分本体安いし。

HP Photosmart C4380 All-in-One

印刷精度は、基本カラーインクだと、やっぱり日本メーカーのものと比べたら劣ります。フォトカラーインクとか使ったらちょっとは良くなるかもしれません。ただ、文字の印刷(モノクロ)はいい感じです。滲みとかも見かけないですし。

Tweet Share Bookmark

Navigation

prev: Adobe CS4予約受付開始
next: auのデータカード「W06K」をMacBook Proで使う

Recently Entries