feb19.jp

Nobuhiro Takahashi
Designer / Engineer

auのデータカード「W06K」をMacBook Proで使う

auのデータカード「W06K」をMacBook Proで使う

emobileとかwillcomとかのロゴが嫌なのでauにしました。auは5,670円/月で無線データ通信定額です。というわけで、Express型のモバイル通信端末「W06K」の使用を始めてから一ヶ月。そのレポートでございます。

・導入編

W06K 無線データカード

渋谷の某大型家電屋で買いました。1月末日まで、本体価格0円で契約できる(2年縛り)とのことでした。2年以内に解約してしまうと、それまでに使用していた年月に応じた額の解約手数料がかかるみたいです。

定額にするには月々円、あとプロバイダを契約する必要があるのですが、au.NETという945円/月のサービスに加入すればプロバイダは不要(あとインストール作業が楽)。無料プロバイダ?とか契約すればここを節約できるかも。とはいえ無料は逆になんか不安です。

ということで、月々にしはらう額は以下の通り。

インターネット定額料金 5,670円/月 + au.NET 945円/月 = 6,615円


・インストール編

インストールでは、ドライバとユーティリティをインストールするわけですが、au.NETを契約したので、接続設定は購入した端末に最初から入力されている設定のままでOK。Macだと右上メニューバーに現在の電波表示が出てきます。

W06K 無線データカード

ただ、自分はこのアイコンのデザインが嫌い。ダサイ。ユーティリティが起動している必要があるのも嫌。気持ち悪い。なので、W06Kはモデム扱いにして、メニューバーではモデムのアイコンを使用しています。

W06K 無線データカード

ドライバをインストールするときに「この機器をモデムとして使用しますか」的なダイアログがでるのですが、説明書にはここでキャンセルを選んでくださいと書いてありますが、自分は間違えてOKを押しました。そのおかげか、モデム設定がされているので、モデムとして使用できるみたいでした。

まぁアイコンは便利なんですけどね。

W06K 無線データカード


・使用感

回線的には早いですが、まぁ「遅いなぁ」という感じ。HTMLページを見る分には問題なくてまぁまぁ快適なのですが、高画質な動画サイトや、プロモーション系大型フルFlashサイトは辛いです。mixiをキャッシュ無しで表示するには(回線状況とかもあるけど)自分のトップページの場合、画像、広告込みで15秒ぐらいかかるのかなぁ?(Safari 3.2.1)

連続したデータ(大きなファイルサイズのファイル)を通信すると、帯域が制限されて遅くなる感じ。

やっぱりモバイル用で、家や職場でメインで使うっていう感じではないです。正直。でも自分は家用に使うわけですけど(OCN光解約しちゃった)。

一年後には速い電波帯が利用できるようになることで、もっと速い規格に対応した機種が出てくるのだと思うのですが、おそらく二年後ぐらいにいい感じに機種にが出そろってくると思うので、そのつなぎ的に使おうと思いました。

ちなみにgoogle検索は爆速。これはauがスゴいんじゃなくてgoogleの検索アルゴリズムが優れてるからなんだろうけど。

Tweet Share Bookmark

Navigation

prev: HP Photosmart C4380 複合機型プリンタを購入
next: SWFWheelを使う

Recently Entries