feb19.jp

Nobuhiro Takahashi
Designer / Engineer

USB加湿器

USB加湿器

会社のデスク用にUSB加湿器を買ってみました。パソコンのUSBポートを電源にして、だいたい一人分ぐらいのスペースをシットリしてくれる。とってもコンパクトな加湿器。気になるそのお値段は!3980円!(安いっ!、笑)

なんか最近モノ買ったエントリーばかりのような気がしますが。。。

こんなかんじで出ます

購入したばかりは、内部のフィルターに水が染みていないせいか、水を入れてもすぐには稼働しないようです。最初水を入れたら15分ぐらい放置して、それからUSBポートに接続して電源ボタンを押す必要があるようです。(それでもでない場合はもう少し待つか、上下左右に振ってみるとかすると出てきます)

LOW/HIGHモード

LOWモードと、HIGHモードがあって、出てくる霧?の量を変えることができます。そんなに違いがない気がするので、自分は基本、LOWモードにしています。そうするとだいたい5時間ぐらい連続して出し続けてくれます。

緑色(水がある状態)

稼働している最中はLEDが緑色になっているのですが、中の水が無くなるとオレンジ色に変わり、水を補充するタイミングであるということが分かるようになっています。

オレンジ色(水がなくなった状態)

方式は超音波振動方式。なので、出てくる霧は全く熱くなく、ヤケドする危険はありません。使用する場所に、子供やペットがいてイタズラをされても、加湿器が壊されるぐらいの心配しか無いと思います。

霧が出てくる穴

花粉やら風邪やら流行する季節だったりするので、加湿器は非常に重要だと思います。なんとなく仕事も落ち着いて冷静沈着スマートにこなせる気がしたりして。願望でしか無いですが。

Tweet Share Bookmark

Navigation

prev: SWFWheelを使う
next: AS2、AS3で、MovieClipの一部だけをキャプチャする

Recently Entries