feb19.jp

Nobuhiro Takahashi
Designer / Engineer

SWFAddress 2.4 リリース

SWFAddress 2.4 リリース

SWFAddress が 2.4 にバージョンアップしていました。主にバグフィックスと、最新ブラウザ環境のサポートだそうですが、さらに URL を変更したのが Flash 内部か外部か判別することが可能になる INTERNAL_CHANGE と EXTERNAL_CHANGE イベントが追加されています。

SWFAddress 2.4 リリースのアナウンスを日本語訳してみました(すげー怪しい)。

SWFAddress 2.4

ようやく非常に安定した最新版 SWFAddress 2.4 のリリースをアナウンスできてうれしいです。これまでのバージョンにあったいくつかの問題を修正し、いくつか面白い機能をつけました。更新内容はこちらです:

・INTERNAL_CHANGE イベントと、 EXTERNAL_CHANGE イベントの追加
・パラメータの配列をサポート
・IE8 サポートの改善
・IE の初期化時に関する問題の修正
・AS2/AVM2 と Mac OS で、ブラウザとの通信における問題の修正
・swfobject.createSWF の取扱いの修正
・WebKit bug 20355 問題(window.location.replace() を使ってリダイレクトした際にブラウザのヒストリが動作しない問題)の改善
・Frameset のサポートと、動作するサンプルを追加
・URL のパラメータとクエリ文字列(「?」以降の URL 文字列)に関するメソッドが、何もない場合は null を返すようになります(いままでは空の文字列を返していましたが、もう返さないよ。)

このプロジェクトはもうかなり成熟してきているけど、今後も面白いアイデアやリクエストについて考えていこうと思いますよ。
More open source goodness is coming soon.

Asual | Blog - SWFAddress 2.4
http://www.asual.com/blog/swfaddress/?permalink=swfaddress-24.html

INTERNAL_CHANGE、EXTERNAL_CHANGE イベントの追加はうれしいですね。Flash 内部で setValue() されたときは INTERNAL_CHANGE で、Flash 外部(戻るボタン押した、URL を直接変更した、など)で URL が変更されたときは EXTERNAL_CHANGE イベントが発行されるようになったようです。

今まではこれらどちらも CHANGE イベントでしたが、判別できるようになったことで、INTERNAL_CHANGE の場合は演出などをして、 EXTERNAL_CHANGE の場合は演出せずページを切り替える、といっただしわけが出来そうです。(前からもできるにはできましたが、ちょっと工夫しないといけなかった)

onChange:Function、onInit:Function は健在ですが、onInternalChange:Function とかは用意されていないですね。

また、CHANGE イベントは相変わらず発行されているので、setValue された際は CHANGE イベントと、 INTERNAL_CHANGE または EXTERNAL_CHANGE が同時に(一応順番的に前者が先)発行されます。だしわけをする際は注意が必要そうです。

--

ちなみに今回の画像(ロブスター)は、SWFAddress のサンプルの中で、ロブスターを食べている女性の写真っぽいものがあるので、ロブスターにしてみました。

Tweet Share Bookmark

Navigation

prev: AS3 の FileReference.upload() の使い方と注意すべき点
next: AS3 で SWFAddress 2.4 を使う ( Flash でブラウザの戻るボタン、パーマリンクに対応する )

Recently Entries