feb19.jp

Nobuhiro Takahashi
Designer / Engineer

Mac OS X 10.6 Snow Leopard から入ってるフォント「Menlo」がコーディング作業にいい感じ

Mac OS X 10.6 Snow Leopard から入ってるフォント「Menlo」がコーディング作業にいい感じ

Xcode でコード書いているとき、Eclipse でコード書くより書きやすいよなぁ、なんでだろう、と思って、なんとなく Xcode で使用しているフォントをチェックしてみたら、Menlo という見慣れないフォントが。どうやらこれは Mac OS X 10.6 Snow Leopard から入っているフォントのようですね。

なので、Eclipse のエディタもフォントを変えてみたりしました。

Monaco 11pt vs Menlo Regular 11pt

Monaco 11pt から Menlo Regular 11pt です。
ぱっと見、そんなに違いがないように見えますが、ちょっと書いてみるとかなり書きやすくなっている事を感じると思います。

キーワードが軽く太字になるのからというのもあると思いますが、Menlo は書体のアセンダが Monaco に比べて狭いから、大文字小文字が入り乱れるコードの中で大文字だけが目立つことなく散漫とした見た目にならないのが良いのだと思います。描画もシャープで見やすい気がします。


ちなみに Flash CS4 だとこんな感じ。

Osaka レギュラー等幅、サイズ 11  vs Menlo Regular、サイズ 10


Osaka レギュラー等幅 11pt から Menlo Regular 10pt ですが・・・ Eclipse のフォントよりも大きくてガジガジしてるように見えるのは何故でしょう。
Flash がもしかして Cocoa で書かれているわけじゃない?から?なんかよくわかりませんね。Flash は Osaka 等幅の方が良いかもしれないようなそうでもないような。

好みによる、ってことで。w

Tweet Share Bookmark

Navigation

prev: AIR で JSON 形式ファイルの入出力
next: Mac でファイルの関連付けを変える(Mac で AIR アプリがアップデート出来ないを解決する方法)

Recently Entries