feb19.jp

Nobuhiro Takahashi
Designer / Engineer

Windows 8 ストアアプリを開発環境がない PC にインストールしてチェックするワークフロー

サイドロードという手法(アップロードでもダウンロードでもない、CD とか DVD からインストールするというようなことからの造語?)で開発環境を用意していない PC にもデプロイできましたのでそのメモ。

<ビルド側>

〔appx ファイルのビルド〕
 1. メニュー「ストア」>「アプリ パッケージを作成」
 2. Windows ストアにアップロードする〜?→いいえ で 次へ次へ
 3. ビルド完了してエラーが出なければ成功
 4. .appx、.appxsym、セキュリティ証明書、.ps ファイルなどが含まれるフォルダごとテスターへ渡す


〔パッケージビルド時に以下のエラーが出る場合〕

SignTool Error: An unexpected internal error has occurred.

Windows ログインアカウント名が日本語(英語などではないマルチバイト文字)の可能性がある。
マイクロソフトアカウントの管理サイトから
 〔名前を編集〕で英語名に変更し、Windows 8 のアカウントを作り直す(もしくは再インストール)。


<インストール側>

〔インストール〕
 1. Windows PowerShell を管理者権限で実行
 2. Show-WindowsDeveloperLicenseRegistration と入力
 3. Microsoft ID を入れて開発者ライセンスを契約
 4. ビルドしたパッケージの中にある .ps ファイルを右クリックして「PowerShell で実行」
 5. 色々問答がありながら進めて行く
 6. アプリがインストールされる

〔アンインストール〕
 1. スタート画面でアプリのタイルを右クリックしてアンインストールを選択
 2. アプリがアンインストールされる

Tweet Share Bookmark

Navigation

prev: MacBook Air + VMware Fusion 5 + Windows 8
next: Flash Builder 4.7 の ActionScript プロジェクトでターゲット Flash Player 10.1.0 未満が選択できない問題

Recently Entries