feb19.jp

Nobuhiro Takahashi
Designer / Engineer

ウェブデザイナーに勧めたい Mac OS X Terminal の操作 10 選

ウェブデザインだけでなく、グラフィックデザイナーや映像クリエイター、デジタルコンテンツ系のディレクターにもお勧めできる、ターミナルの便利コマンドとショートカットキーなどの操作方法を 10 個選出してみました。

ウェブデザイナーは sass や npm 、git などでもはやターミナル必須ですね。


【その前にまずはターミナルの基本操作おさらい】

ターミナルの立ち上げ方、基本のさわり方はここにまとめました。
http://snippets.feb19.jp/?p=757

 

# 1 diff -rq

$ diff -rq ディレクトリA ディレクトリB

ディレクトリの間でのファイル差分を出力します。

A/
├── Card.h
├── Card.m
└── om_bg.png
B/
├── Card.h
├── Card.m
├── om_cardback.png
└── om_cardfront.png

こんなフォルダになっている場合に、差分を取ると、

$ diff -rq A/ B/
Files A/.DS_Store and B/.DS_Store differ
Only in A/: om_bg.png
Only in B/: om_cardback.png
Only in B/: om_cardfront.png

ファイル差分を取得できます。

git などでファイル管理されている場合は不要かもしれませんが、さくっとどっちが最新フォルダだっけーという時に便利です。

-rq を -r にすると、ファイルの内容も比較されます。

 

# 2 sips

$ sips -Z 80 *.jpg

sips は Scriptable Image Processing System の略で、画像に色んなバッチ処理をを行えます。

とりわけサムネイル画像を作る時とかに便利です。

このコマンドを叩いたときにいるディレクトリに含まれる .jpg を、高さ・幅 80 ピクセルで長辺フィットさせた画像にすることができます。

ちなみに破壊編集になりますので、やり直しはできません。
フォルダのバックアップをしてからやってください。

 

# 3 find

$ find ~/ -iname "*.jpg"

.jpg という名前がついているファイル ~/ の下で検索してリスト表示します。

"*_thumb.png" とかでサムネイル画像のパスを抽出したり、Finder での検索をもう少し応用してそれをリストで表示したいときに便利です。

検索を途中で中断したいときは、[control+c] ショートカットキーを押して終了できます。

 

# 4 grep

$ grep 'static_file' . -r

'static_file' というテキストが含まれる行を検索します。
たくさんある HTML ファイルのなかから、このテキストを使っている一部分を見つけたいときといった、たくさんのファイルのファイル内検索が行えます。

Spotlight でも同様のことができますが、こちらの方が高速ですし、ファイルサーバーやローカルにはないストレージで作業しているときなど、Spotlight のインデックスが貼られていない場所でも使えるので便利です。

 

# 5 history

$ history

直近に入力したコマンドを表示します。

git add hogehogeho して〜
scp -r hoge@hoge.jp:hoge ~/hoge でアップして〜
ssh hoge@hogehogehoge にアクセスして〜

みたいに色々教えてもらってけど忘れた〜!
何したっけ!!パイセンこえーから二度と聞けない!!八方ふさがり!!
ってときに便利な history コマンド。

$ history 100

とかで最近ターミナルに入力したコマンドを 100 件表示できます。

 

# 6 tree

$ tree

ディレクトリツリーをテキストで表示する

例えばあるディレクトリで入力すれば、こんなテキストが出力されます。

A/
├── Card.h
├── Card.m
└── om_bg.png

Terminal デフォルトでは使えないので、事前に以下の手順でコマンドをインストールします。

Homebrew が入ってなければ下記のコマンドで入れて、

$ ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.github.com/mxcl/homebrew/go)"

以下のコマンドをうちます。

$ brew install tree 

パスワードを求められたとき、入力するパスワードは画面には表示されません。

tree コマンドはルートディレクトリでやると大変なことになるので、[ ショートカットキー control+C ] とかで中断しましょう。


 

# 7 alias

「コマンドのショートカット」を作ることができます。

alias エイリアス名1='コマンド1'

例えば上述した sips -Z 80 *.jpg と言うコマンドは長いので、
「thumbjpg」というオリジナルコマンドにしたりできます。

$ alias thumbjpg='sips -Z 80 *.jpg'

デフォルトのコマンドと被らないように要注意です。


.bashrc

なお、上記を入力しておいても、ターミナルを再起動すると、設定が消えてしまいます。

そういう時に再度設定するのはめんどくさいので「.bashrc」 と呼ばれる「ターミナルを立ち上げたときに実行するコマンド一覧」ファイルを編集します。
(zsh を使ってる人は .zshrc になりますが、Terminal のデフォルトは bash なので .bashrc です)

cd 
vi .bashrc

とうつと、入力画面になります。

i キーを押して、編集モードにはいり、

alias thumbjpg='sips -Z 80 *.jpg'

と入力。Esc キーで編集モードを解除し、:wq で .bashrc を上書きして保存できます。
入力が間違っていたのでやり直したいときは :q! で上書きせず終了することができます。

その後、

$ source .bashrc

すれば、使えるようになります。

 

# 8 ffmpeg

$ ffmpeg -i video.mp4 -r 10 image%d.jpg

10 秒ごとに、ビデオ (video.mp4) から画像を抜き出します。

ビデオからサムネイルを作りたいときとかいちいち Final Cut とか使わなくて良いので便利です。

ffmpeg は Mac にはデフォルトでは入っていないので、このコマンドも別途インストール作業が必要です。

色々手順が有るのでここでは省きますが (Homebrew という Mac に色々な便利コマンドツールを入れることができるコマンドツールが有るので、それを使えるようにして〜 Xcode 入れて〜などなど)、ffmpeg コマンドが使えるようになると、動画や音声に関して色んなフォーマット変換や処理がかけられるようになるのでとても便利です。

 

# 9 control R キー

[ ショートカットキー control+R ]

過去に入力したコマンドを検索するショートカットキー。

control+R を押すと検索状態になるので、「ssh 」などと打つと、過去に ssh hgoehoge@hogehogehge みたいなコマンドをたたいたことがあれば、
すぐ出てきます。

 

# 10 control L キー

[ ショートカットキー contorl+L ]

ターミナルの画面をクリアするショートカットキー。

画面を綺麗に使いたい。
コマンド打ちすぎて画面が文字だらけになって怖くなったら。

 

# おまけ

$ say 文章

say コマンドで Mac に喋らせる(発音させる)ことができます。

会議で適当な意見を言うときに便利です。


$ say ossyaru toori des

 

Terminal を使うとき control キーを多用しますが、それ故に新しく Mac を買うことを相談されたとき US キーの方がオススメですよ、と言ったりしてます。

Tweet Share Bookmark

Navigation

prev: AltJS について独断と偏見によるオレオレ品評会
next: 雑誌掲載: Track Name for iTunes

Recently Entries