feb19.jp

Nobuhiro Takahashi
Designer / Engineer

iPhone / iPad 向けのクロマチックチューナーアプリ「Tuner」を作りました。

iPhone / iPad 向けのクロマチックチューナーアプリ「Tuner」を作りました。
無料でアプリストアからダウンロードできますので、ボイストレーニングや楽器の練習・音合わせにご利用くださいませ。

現代のほとんどの音楽の要となる12平均律=クロマチックスケール(ド、ド#、レ、レ#、ミ、ファ、ファ#、ソ、ソ#、ラ、ラ#、シ)で作られた音階のためのチューナーです。基本的な楽器のチューニングであれば対応しているはずです。


AppStore からダウンロード

①基準音 A4 を 400〜480Hz で 1Hz 単位で調整できます。

現代の音楽の A4 (真ん中のラの音) は 440Hz なので、デフォルトはこの数字なんですが、ニューヨークフィルとかだと 442Hz にしていたり、ブリットポップ時代のイギリスロックは 440Hz よりもう少し低い値で設定されていることが多かったようです。

曲や用途に応じて調整してください。


②音階の見本音を再生できます。

ボイストレーニングやヴァイオリンのようなフレットが無い楽器の練習に、サンプル波形を鳴らすボタンを用意しました。音階のサンプル波形音を鳴らせられます。

低い音や高い音は音量が大きかったり低く聴こえますが、音は出ているので耳を痛めないように音量は抑えめでお使いいただくようお願いします。


③アプリのタイトルとアイコンを最高に分かりやすい感じにしてます。

Tuner という名前と、シンプルに音叉のシルエットにしました。

『何とかチューナー』にされると、ホーム画面から途端に探しにくくなるんですよね。ユーティリティツールアプリとして、自分で使いたいアプリなので名前も自分が使いやすいような名前・アイコンになるようにしました。


雑談

ちなみにチューナーをつくるのははじめてです。

音響物理の書籍やこちらのドキュメントが参考になるのですが、音階と周波数の関係は以下の式で表現できるとされています。

他にも音響関係の物理方程式やチューニングの歴史など詳しい解説などがめっちゃ書いてあってすごく参考になります。
オススメですのでチューナー作ってみたいなって人は色々他にも資料漁ってみれば土日あれば作れると思います!

というわけで以上、チューナーを作るのは楽しいっちゅーなー話でした!(^^)

Navigation

prev: 実録・300 枚規模の画面を持つ全然リーンじゃないプロジェクトの UI デザインを Prott と InVision でプロトタイプ作った感想
next: UI デザインのための Sketch Plugin「Font Size Checker」を作りました

Recently Entries