feb19.jp

Nobuhiro Takahashi
Designer / Engineer

iOS/Swift のちょっとニッチな本「HealthKit Book for Beginners」を頒布します #技術書典6

iOS/Swift のちょっとニッチな技術「HealthKit」の本を技術書典6で頒布します。お気軽にお越しください、売り切れはないと思うので。w

@noppe さんのブースを間借りさせていただきます。感謝感謝。当日現地で売り子もします。

HealthKit Book for Beginners

最近楽しく作っている SimpleCaffeine.app で使用している HealthKit の本 (本文 94P) になります。

PDF がダウンロードできるダウンロードカードをお付けします。
ダウンロードカードのみの頒布も予定しています。

どちらも会場限定の特別価格(1000円)で頒布予定です。後日通販も予定していますが、倉庫代や手間代が乗るので通販価格は少しお値段乗ります。

Xcode 10.2 / Swift 5 対応です。入稿予定日前日に 4.2 からのメジャーバージョンアップがあって焦った...。


印刷所選定

印刷は @takepepe さん(潜水艦) に教えていただいた日光企画さんでお願いしました。前日の朝 10 時まで対応していただけるみたいですね。(やばい)

@shu223 さん(堤and北)も印刷所をそこにしているのをネトストして突き止め、間違い無いだろうと思いお願いしました。

選んだメニューはこちら。

・サイズ:A5
・ページ数:98
・綴じ方:平綴じ・左
・表紙:NP ホワイト 200kg ・カラー4色+マットPPオプション
・本文:美弾紙(ニューホワイト)
・遊び紙:トレペピンク
・本文印刷種類:データ150線印刷(オフセット印刷)

出来た本の質感、出来栄えは会場にてご確認ください!(私も楽しみにしています)

使用ツール類

表紙は Illustrator でサクッとデータを作って CS6 形式で保存して入稿しました。本文は Re:VIEW を使ってフォーマットして PDF 出力→Mac のプレビューで Quartz オプションでグレースケール化したものを入稿しました。

表紙データで背表紙の厚さをミスっており(ページ数で厚さが変わるが、ページ数を間違えて計算していた)お電話いただいて、直してすぐ対応していただきました。

Re:VIEW について色々なノウハウが色々なブログで書かれていますが、すごく良くできた公式ドキュメントがあるので(需要も高いツールな分なかなか膨大ですが)、これを一通りちゃんと読むのがいいと思います。詰まったところや工夫したいところ、あるいはもっと可能性が広げれそうなところをブログや他のドキュメントを見てみると良さそうです!

技術書典6 け05 noppelab で僕と握手!

こちらのリンクからサークルチェックできます。 @noppe さんは既刊本と新刊何か頒布するらしいのでそちらも楽しみですね。

・イベント名:技術書典6
・日時:2019/04/14 (日) 、11:00〜17:00
・会場:池袋サンシャインシティ2F 展示ホールD(文化会館ビル2F)
・ブース:け05 noppelab
・本の名前:HealthKit Book for Beginners
Tweet Share Bookmark

Navigation

prev: unframe exhibition 006 を開催します
next: 書籍「HealthKit Book for Beginners」を書きました #技術書典

Recently Entries