feb19.jp

Nobuhiro Takahashi
Designer / Engineer

air

AIR アプリ自動アップデート機能の実装

AIR アプリ自動アップデート機能の実装

AIR アプリを作って、配布するとします。そのアプリのアップデータを配布したいときは、自動アップデート機能(正確には通知機能)をアプリに実装しておけばいいのですが、それを簡単に実装できる air.update.ApplicationUpdaterUI が便利です。

次世代 Flash Builder (Burrito) プレビュー版を触ってみた

次世代 Flash Builder (Burrito) プレビュー版を触ってみた

次世代 Flash Builder "Burrito" のプレビュー版が公開されていました。60日間は体験版として利用できるようですが、Flash Builder 4 (Standard でも Premium でもいい) を持っている人は、そのシリアルを入れれば、プレビュー版(しかも Premium)の使用期限を延長して使い続けられるようなので使ってみる事にします。

AIR で SQLite を使う

AIR で SQLite を使う

AIR AS3 には SQLite のデータベースを作成、操作できる API が用意されているので、それでデータベースをクリクリいじることができます。テキストファイルでデータを管理するのはパフォーマンス的に遅い(多分)ので、 DB ファイルを使って高速にデータのやりとりを行います。まずは SQLite について↓。

Mac でファイルの関連付けを変える(Mac で AIR アプリがアップデート出来ないを解決する方法)

Mac でファイルの関連付けを変える(Mac で AIR アプリがアップデート出来ないを解決する方法)

ファイルを右クリックして「情報を見る」を選び、表示されたウィンドウの下の方にある「このアプリケーションで開く」を任意のアプリケーションにしたのち、すぐ下の「すべてを変更」をクリックして確認ダイアログで 「続ける」 をクリック。

AIR で JSON 形式ファイルの入出力

AIR で JSON 形式ファイルの入出力

AIR 祭り開催中。今回はファイル入出力。AS3 で扱っている Object 型のデータを JSON ファイルとして保存してみるメモ。

AIR でファイルがドラッグアンドドロップされたことを NativeDragEvent で検知する

AIR でファイルがドラッグアンドドロップされたことを NativeDragEvent で検知する

最近また AIR が楽しい気がして触っているのですが、 Google で AIR 関連記事を探すと、 AIR beta 版の頃(または Apollo だった頃)の記事が上位にきて、すでに廃止された作法、API を使っていたりするのでちょっと困っています。

自分の中で整理するために、しばらくこのブログで基礎的な AIR の記事をアップしていきます。というか割と AIR 忘れたのでメモです。

Flash CS4 Professional (US)のドキュメントが公開

Flash CS4 Professional (US)のドキュメントが公開

http://help.adobe.com/en_US/Flash/10.0_Welcome/

されています。いよいよですね。

Simple Youtube Viewer on AIR

Simple Youtube Viewer on AIR

ブラウザを起動せずに、Youtubeの動画を観ることができるソフトを作りました。OSを選ばないAdobe AIRアプリケーションなので、Windows 2000、XP、Vista、Mac OS X 10.4.9以降で動きます。Linuxもそのうち動かせるようになるみたい。

Simple Youtube Viewerの、特設ページへどうぞ

Flash CS3でAIRが書き出し可能になったので

Flash CS3でAIRが書き出し可能になったので

お約束のデスクトップデジタル時計を作ってみました。ちなみにAdobe AIR for Flash CS3 ExtensionはAdobe Lab.からダウンロード可能です。Flash CS3からAIRを書き出す事が可能になったので、Flash CS3+AS3の本領が発揮されますね。以下、作り方をまとめてみました。

Recently Entries