feb19.jp

Nobuhiro Takahashi
Designer / Engineer

gadget

WWDC19 の旅に持ってきたデバイス類

WWDC19 参加のためにアメリカに来ています。持ってきたデバイスをなんとなくメモしてみました。

iPhone 7 / iPad mini / Pixel 3 / MacBook Pro 13" / Apple Watch / H9i / AirPods / RAV Power Mobile Battery / docomo WiFi Station / KOIZUMI モバイルシェーバー / GR III (この写真の撮影に使用)

物は多いけど、この中アダプタ以外で充電にコンセントが必要なものがなくて、全て USB 電源でいいので比較的コンパクトになりました。安定をとって、MacBook Pro だけアダプタ持ってきました(その分電源がわりに使える)。

充電は MacBook Pro (4口 USB typeC) と、Anker の USB 電源アダプタ (4口 USB typeA) のみでまかなってみます。電源タップがかさばらなくていいですね。

シェーバーが Micro typeB、Apple の機器は Lightning、Apple Watch が専用の非接触型、残りと MacBook Pro が typeC。今後全部 typeC になってくといいなー!

コードを整理しよ...。

そして明日には増えるかどうか...(KeyNote 次第 / 最近はハードウェアの発表ないけど)。

(ちなみにドライヤー忘れた→ドライヤーありました!)

MacBook Pro と Nintendo Switch が充電できるモバイルバッテリーを買った

なんやかんやマシンを日々酷使していて一日保たないので MacBook Pro が充電できるモバイルバッテリーを買いました。愛用するiPhone 7 や、まだ見ぬ Pixel 3 のモバイルバッテリーとしても、あ、できれば Nintendo Switch も充電できる大容量のやつを求めていました。

私はフリーランスとかノマドワーカーとかでは無いので、普段はなるべく満充電にしてモバイルバッテリーは使わなくていいようにしていますが、充電コンセントが使えない時とか、充電を忘れた時とか、カンファレンスとか行った時とか、そういう緊急用に使おうと思っています。
あと普段使いしていた iPhone 用のモバイルバッテリーの寿命が来たので買わないと、と。

で、買ったのがこちら RAVPower 20100mAh USB Type-C ハブ モバイルバッテリー(RP-PB059)

 

届きました。

パッケージ

開けると Hello ! なメッセージカード(ユーザーガイド)が。

パッケージを開けたところ

中身はこんな感じ。ケースと各種ケーブル付き。

中身

端子はこんな感じ。モバイルバッテリー自体の充電時は input 端子に繋いで USB 経由で充電します。

入出力類

裏側の表記。

裏側の表記

MacBook Pro を充電してみます。

充電

ちゃんと充電表記出ました。

様子

ワット数こんな感じ。31W。AC アダプタ経由よりは少ないですね。でも充分です。

ワット数

ちなみに普段の充電時は 60W 。

普段のワット数

あ、あと Switch もちゃんと充電できました!

Switch

 

というわけでやっぱり少し大きいかなーという印象ですが、機能性は大満足で、ペットボトル一本無いぐらいの重量 (372g) なので、バックパックを使えば難なく持ち運びできそうです。

大きさ比較

これで安心してカンファレンス行ったりマシン酷使しまくったり会社でスプラトゥーンが捗りますね。

ライブとか旅行とか遠出をする時でパソコンを持っていかない時用の小さいモバイルバッテリーもできれば欲しいなー。

商品情報:RAVPower 20100mAh USB Type-C ハブ モバイルバッテリー(RP-PB059)

デザインコンシャスなUSBメモリ

デザインコンシャスなUSBメモリ

最近USBメモリが必要だなぁと感じるときがしばしばあるので、ネットでさくっとUSBメモリを探してみたのですが、なかなか気に入ったデザインのUSBメモリがないのです。口コミサイトでは転送速度や容量といった指針でレビューがされたりしていますが、全然良いなぁと思うデザインのUSBメモリが上位に来ていない。というわけでいい感じのUSBメモリをひたすら探してみました。

Recently Entries